1995年、タイで最初の師と出会い、カレンはヨガを始めました。その師との5年に渡る練習の後、サムイ島で現地の指導者達とのトレーニングを開始。バンコクに渡った彼女はアイアンガーヨガスタジオで学ぶとともに、新設されたキッズヨガプログラムに助力します。これまで23年間、その大部分は美術教師として、そして過去9年間はキッズヨガの指導者として、カレンは子供たちと関わってきました。
12年間のタイ滞在の後オーストラリアへ渡り、ケアンズでニッキー・ノフのもと、またシドニーのシンプリーキッズでカイリー・ピーターズのもとで指導者としてのトレーニングを受けます。 そしてバイロンシャイアへ移住。大人にも子供にもヨガを教え始めます。芸術家としてまた美術教師として、ヨガとアートを融合させたプログラムをレッドテントヨガにて開催。この地でレイチェル・ジンマンと出会い、バクティヨガとキルタンへと導かれます。