1946年山形県出羽三山羽黒山宿坊「大聖坊」の三男として生まれる。 1971年東洋大学文学部を卒業後、「大聖坊」十三代目を継承し、「秋の峰」に初入峰、山伏名「尚文」拝命する。 2007年「冬の峰百日行」の松聖を務め、2008年より「松例祭」所司前を務める。 2000年より三日間の大聖坊山伏修行も実施。また各地で修験道の講演をし「こころ」「いのち」「健康」「農業」「芸能」の重要性を訴える。 現職:出羽三山神社責任役員理事、出羽三山祝部総代、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、NPO法人公益のふるさと創り鶴岡理事、明治大学野生の科学研究所研究員など。
All Yamabushido Programs are supervised by Master Hoshino, a famous local Yamabushi priest, and the 13th generation of his family to follow this vocation. Master Hoshino lives in and runs Daishōbō, a pilgrim lodge located at the foot of Mt. Haguro. He has dedicated his life to living as a Yamabushi, introducing many people from all over the world to its mystical power. His approach to the Yamabushi tradition is grounded in deep tradition, but also made deeply relevant to the way we live our lives today.
 
公式ホームページ